協同組合エヌ・ティー・アイの3つのこだわり

人材
1次選考後、実技、適性性格判断テスト、
面接により人選いただきます。
教育
入国前の日本語教育と入国後の
研修センターでの日本語レベルアップと
日本のマナー習得。
サポート
専任スタッフが実習生と受入れ企業様を
親身にサポート。

技能実習生受け入れ制度とは

開発途上国の青壮年労働者の人材育成を行う国際協力、国際貢献を目的として、日本政府が創設した制度です。

詳細ページへ

受入れまでの流れ

企業様にも技能実習生にも安心して受入れをしていただけるよう、当組合では様々な独自の取り組みを行っております。

詳細ページへ

教育研修の様子

入国前送り出し国では日本語を中心に、入国後は日本語の他、習慣やマナー、実習に必要な専門用語を学びます。

詳細ページへ

3年間受入れ可能職種

受入れ可能な職種をご紹介しております。受入れ希望の企業様は職種・作業と照らし合わせ、お問い合わせください。

詳細ページへ

実習生受け入れの実例紹介-外国人実習生の面接試験から受入会社での実習の様子をfacebookにて掲載しています

2019.08.27【送り出し国面接

ミャンマーで塩蔵品職種の面接試験!

塩蔵品職種の面接試験でミャンマーへ^^ 実技試験では包丁を使用して魚を切る試験を実施! 手馴れた感じで包丁さばきが上手い候補者もいれば、実技試験前にyoutubeで動画を見て真似をした候補者も^^;;   全員が日本に行きたい一心で、各種試験も真剣そのもので、選ぶ方も大変でした。 選ばれた皆さんが1日でも早く日本で活躍出来るように、入国までの間は日本語の勉強と、包丁さばきの連絡を沢山して下さい。  
2019.08.25【企業配属後

技能実習生が技能評価試験の合格めざして勉強中!!

もうすぐ行われる『技能評価試験』 この試験に合格しないと、2年目3年目の実習はありません^^;; そのため、日曜日ではありますが通訳のフォンさんと一緒に勉強中! 平日は勉強する時間があまりとれないので、受入企業様と相談して一日かけてじっくりと教えています。 皆、文句を言わず一生懸命に取り組んでくれるので教える側としても気合いが入ります!